脇汗を抑える方法と基礎知識

脇汗を抑える方法と基礎知識

脇汗を抑える方法と基礎知識

脇汗の悩み

梅雨の時期から蒸し暑い真夏にかけては、脇汗が気になり出します。
脇汗をたくさんかくと、衣類がびっしょり濡れてしまいますし、周囲に不快なにおいをまき散らしていないかどうか、気になって仕方がないものです。
体温調節をするためにある程度の汗をかくことは仕方ないのですが、そのことが原因で他人に不快な思いをさせることは嫌ですね。
意外と脇汗が多いことで悩んでいる方は多いようで、ほとんどの方が誰にも相談することができずにこっそりと対策を行っているようです。
汗の量が多くて悩んでいる方、においを気にしている方、衣類に汗が浸み込むことで悩んでいる方、脇汗を気にしすぎるため何も手に付かない方、自分は病気ではないかと悩み続けている方など、脇汗のことを深刻に悩んでいる方はたくさんいるのです。
発汗量は人それぞれであり、体質により汗をかきやすくなることもありますので、もし、発汗量が多いと悩んでいるのであれば、発汗量が多くなる原因を特定すると良いでしょう。
全く汗をかかなくなるような対策は不可能ですが、体温調節以外の原因で汗の量が多くなっているかもしれません
その他の原因としては、ストレスにより発汗量が多くなる精神性発汗、刺激物を摂取したことが原因となる味覚性発汗、多汗症による大量発汗などが考えられます。
ストレスが原因で発汗量が多い場合、脇汗を気にすることでさらに発汗量が多くなることがありますので、出来るだけ気にしないように気持ちを切り替えることが必要です。
また、汗のにおいの問題に関しては、汗をかいた後に何らかの処置をすることで改善できることも多く、その他、食生活を改善することでもにおいが軽減できるかもしれません。

 

脇汗と多汗症の関係

 

多汗症とは発汗量が多くなるという症状なのですが、脇汗とはどういった関係があるのでしょうか。
多汗症は大きく2つタイプ、全身性多汗症と局所性多汗症に分けられます。
もし、脇汗の量が多いことで悩んでいるのであれば、局所性多汗症であるかもしれません。
局所性多汗症とは、緊張や興奮した時などに身体の一部に汗をかくことで、脇の下以外にも、手のひら、足の裏・鼻や額などに異常に汗をかくことが多くなります。
また、香辛料を大量に使用した食べ物や、熱いものを食べた時には汗をかきやすくなります。
全身性多汗症の場合、糖尿病、更年期障害、バセドウ病などの身体的病気が原因になっていることもありますので、自己判断はせず医師の診察を受けてください。
脇汗など局所性多汗症である場合、気にしないことが一番なのですが、汗を抑えるには熱い食べ物を避けたり、緊張をほぐすためのトレーニングを行うなどの対策が非常に有効です。
また、体温調節が可能な服装など工夫して、できるだけ汗をかかないようにすることが大切です。
多汗症であるからといって、ワキガであることは、損安易多くないので安心して下さい。
ほとんどの場合、汗をそのままにしておくことで細菌と混じり合って、汗臭くなることが多くなっています。臭いを防ぐには、こまめに汗をふき取るようにしたり、下着を清潔に保つ、毎日入浴し肌を清潔に保つなど、さまざまな対策をすることで、汗が気にならなくなることもあります。
とにかく皮膚の表面に存在する細菌に汗が分解されないことが重要です。
ただし、脇汗対策をしっかりしていても、においが消えない場合はワキガであることも考えられますので、医師に診断してもらうのも良いのではないでしょうか。

 

脇汗が気になりはじめたら

近年は、メディアなどでも、芸能人同士、脇汗をかいている人をからかうシーンも見かけます。
脇汗で服の色合いが変化することで笑いを取っているのですが、一般人にはまねできないことです。
脇汗は、早い方は小学校の高学年で気になってきます。
成長期に入るこの年代は、汗のにおいについても非常に気にする傾向にあります。
脇汗というと中高年の方特有の悩みと思われていましたが、実は年齢や性別にかかわらず、多くの方が気にしているのです。
近年は、季節に関係なくデオドラント商品が大々的に宣伝されていますが、このことからも、現代人はかなりにおいに敏感であることがわかります。
そのため、蒸し暑くなる季節は、汗の量も多くなるため、脇汗の対策をする方もたくさんいるようです。
脇汗を少しでも抑えたいと考えているのであれば、制汗効果があるクリームやスプレー、漢方薬などを利用したり、多汗症を治療しているクリニックや病院を受診し、医師に相談するなどの方法があります。
もし、汗を抑えられなくとも、他人に汗をかいていることを気づかれないようにしたいというのであれば、吸汗性のあるインナーを身に付けたり、汗わきパットなどを利用するという方法もあります。
脇汗が気になる方の多くは、制汗グッズや脇汗対策用のグッズを上手に利用して過ごしています。
汗には臭いはありませんので、汗をかいた後に適切な対策をすることで臭いを抑えることはできます。
汗をかいた時には、すぐに拭くことが最も有効なにおい対策です。
また、通気性が良い衣類を着用することもお勧めします。

男性の肌にこそ適している洗顔石鹸

洗顔石鹸は、男性の肌にこそ適しています。
多くの男性は、洗顔石鹸ではなくクリーム状の洗顔フォームを使用しているのではないでしょうか。

 

男性の肌は女性に比べて皮脂の分泌量が多く、脂性肌かそれに近い肌質になりやすい傾向があります。
そのため皮膚にホコリが付着しやすく、少し動くだけでも汗をかきやすいので、汚れやすいことを踏まえた上で洗顔料選びや洗い方を行いましょう。

 

洗顔石鹸は洗顔フォームに比べ、古くなった角質や皮脂汚れをしっかりと落とすことができます。
男性の中にも冬場には肌に粉がふいてしまうほど乾燥しやすい方が多く、洗顔石鹸より洗顔フォームの方が洗い上がりがしっとりするという意見も聞かれますが、洗顔フォームは表面だけ脂分でおおっているだけで、内側は乾いたままになっています。

 

外から見るとテカリがあるくらいなので、保湿されているように見えるのですが、このまま皮膚の内側が乾燥している状態が続くと、本来よりも早く老化してしまうでしょう。
汚れを洗い流すときに、洗顔フォームに配合されている脂分が皮膚に残されていると、肌に負担をかけてしまい、自分で生まれ変わろうとする力を弱めてしまうことにつながるのです。

 

肌トラブルを防ぐためには清潔に保つことが重要だといわれていることから、中には1日に何回も顔を洗う男性がいます。
洗顔回数は1日に2回、洗顔石鹸で洗えば十分であり、回数が増えるにつれ肌を守るのに必要な皮脂まで失われてしまいます。
こうして保護機能が低下してしまうと、肌を自ら守ろうとして余分な皮脂を過剰に分泌するようになりますから、洗い過ぎには気をつけてください。

 

 
 

メニュー

当サイトについて

最新記事